堀尾正明アナ、涙目謝罪 不倫報道に「許容範囲超えた行動をした」

 元NHKのフリーアナウンサー、堀尾正明(64)が20日、コメンテーターを務めるTBS系情報番組「ビビット」(月~金曜前8・0)に生出演し、この日発売の「週刊新潮」で報じられた不倫報道について「許容範囲を超えた行動をしたと反省しております」と涙目で謝罪。「(恋愛感情は)ありません。相手の女性にも失礼。それはキッパリ申し上げたい」と釈明した。

 同誌によると、お相手はファッション誌のモデルも務める50代美女、A子さん。小学生の息子2人を育てるシングルマザーで、今月に入ってから3週間で4回A子さんの自宅に泊まったという。

 番組ではこの女性に直撃取材。半年前に陶芸教室で出会い、自宅で家族の相談に乗ってもらっていたことなどが明かされた。堀尾は長年連れ添った妻と別居中だが、番組では妻のコメントも紹介。「彼が困っている人を放っておけないのは出会ったときから」と堀尾をかばう一文もあった。

 女優の真矢ミキ(55)は相手の女性と堀尾を介して会ったことがあると明かし、「本当にお友達でした。私が会った時は」と付け加えた。

 堀尾は妻との別居生活について「2年半くらい前から。お互いの親の介護などありまして」と説明。今でも2、3カ月に1度会い、メールでもやりとりをしていると明かした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ