吉高由里子「娯楽は命あってのお話」に共感の声 主演ドラマ最終回、地震の影響で放送延期に

 女優、吉高由里子(30)が19日、自身のツイッターを更新。18日深夜に新潟県と山形県で強い揺れを観測した地震の影響で、主演のTBS系ドラマ「わたし、定時で帰ります。」(火曜後10・0)の最終回が延期となったことについてコメントをした。フォロワーからは共感の返信が多く寄せられている。

 ドラマの放送中に、最大震度6強を観測した地震が新潟県などで発生し、直後にニュース番組へ切り替わった。ドラマの公式ツイッターでは、放送を中止を知らせるとともに、改めての放送については「決定次第、告知させていただきます」と視聴者に説明している。

 吉高は、「生きていれば色んな経験があるんだなと改めて痛感した1日になりました」と切り出すと、「娯楽は命あってのお話です 被災地の方 どうかどうかご無事でありますように」「今はただ祈ります」と被害を受けた方々を思いやった。

 フォロワーからは「『娯楽は命あっての話』吉高さんの考え素晴らしいと思います。私も祈ります。そして最終回の再放送楽しみにしています」「吉高さんのこういうところが素敵だと思います。僕も一緒に祈ります」「どうか皆さんが無事でありますように。。そして、最終回を楽しみにしていた 全国の皆さんとまた、楽しく最終回が見れます様に」など、被災者へのお見舞いとともに、吉高の考えに共感したとのコメントが寄せらている。

 また、被害を受けた方々からも「思いやりのお言葉ありがたいです」などといった、吉高のコメントに感謝するものも見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ