入江の勘違いがアダに…目先の金に転んだ“闇営業”

芸能ニュース舞台裏

 写真週刊誌『FRIDAY』の報道で明らかになったお笑いコンビ、カラテカの入江慎也(42)の闇営業の実態。

 「闇営業という言葉が怖い。昔から内職をひっくり返して“しょくない”と呼んだり、直接の仕事なので“直”と言ったりしていたもの。入江が所属していた吉本興業のマネジャーも『直はダメ』とよく言っていましたよ」と放送作家。加えて今回は、営業先が振り込み詐欺グループの忘年会だったという闇が入江の逃げ道をふさいだ。前出・放送作家が続ける。

 「マネジャーがつくレベルじゃない芸人はどこの事務所にもいます。彼らは自分たちで頭を下げて営業していますから、その相手から仕事が入ると、自分が取った、と勘違いしてしまう。ちゃんと事務所を通したほうがいいよ、と注意したこともありますよ」

 昔と違って簡単に動画や音声が残る時代。目先の金に転んだことが、芸能人としての命取りになることもある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ