小川彩佳アナ、退社後2カ月で裏番組キャスターの“離れ業” 実現の裏に強力な援軍が

 ■父は有名医師、テレビ局にパイプも

 TBS系報道番組『news23』のメインキャスターに就任した元テレビ朝日の小川彩佳アナ(34)。今年4月にテレ朝を退社しフリーに転身後、わずか2カ月でかつての古巣だった『報道ステーション』(テレ朝系)の裏番組に出演するという離れ業が実現した裏で、強力な“援軍”の存在が噂されているのだ。

 小川アナは今年2月、テレ朝の退社と一般男性との結婚を発表した。

 同局退社後もフリーで活動を継続することから去就が注目される中、『news23』のメインキャスター就任が明らかになると、大きな話題となった。

 「小川アナはかつて裏番組の『報ステ』にサブキャスターとして出演していましたが、降板の際には共演していた富川悠太アナとの不仲説や番組の報道姿勢への不満なども一部で報じられましたからね。しかも、同時間帯には元カレとされる嵐の櫻井翔さんが出演する『news zero』も放送されており、因縁浅からぬ2つの裏番組との視聴率対決に業界内でも注目されている」(芸能リポーター)

 一方で、そもそも古巣を退社後、わずか2カ月で裏番組のメインキャスター就任という離れ業にも驚きの声があがっているという。

 「バラエティー番組への単発のゲスト出演ならまだ分かりますが、退社してすぐに他局の情報番組のメインキャスター、しかも局アナ時代に出演していた番組の裏番組ですからね。異例のケースでしょう」とは他局の情報番組スタッフ。

 さらに、こう続ける。「加藤綾子アナしかり、田中みな実アナしかり、宇垣美里アナしかり…。大半の局アナはフリー転身にあたって芸能事務所やアナウンサー事務所に身を寄せるものですが、小川アナはそうした会社に所属したという話も聞こえてきませんしね。組織に属さない完全フリーの状況でキー局の情報番組のメインキャスターを務めているとしたら、それもまた異例でしょう」

 そうした中、業界内では強力な“援軍”と噂されているのが、父親の存在だ。

 「小川アナのお父さんは有名な医師で、一流大学の医学部の教授も務めています。過去には複数のテレビ番組にも出演しており、TBSともつながりがあると取り沙汰されています。メディアでも活躍する一流大学の教授となれば、テレビ局とパイプがあり、愛娘の活動を応援しても不思議ではないですよね」(前出のリポーター)

 初登場となった今月3日放送の同番組の視聴率は4・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と振るわなかったが、巻き返しはあるのか。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ