KANA-BOON飯田にファン「どうか無事でいて」 音信不通、家族が捜索願

 4人組ロックバンド、KANA-BOONのベーシスト、飯田(めしだ)祐馬(28)が5日から音信不通となり、家族が警察に捜索願を出している。公式サイトが13日に発表したが、ファンからは無事を願う声が相次いでいる。

 公式サイトでは、連絡が取れなくなった飯田と「あらゆる手段を講じてコンタクトをとろうとしておりますが、現在まで音信不通の状態」と説明。家族が捜索願を提出したとしている。こうした状況から、15日の企画ライブの中止を決定し、ファンや関係者に向け、お詫びの言葉を掲載した。

 KANA-BOONの公式ツイッターには、「心配」「どうか無事でいて」と飯田を案ずるコメントが寄せられた。「舞台に出るのはゆっくりでいいです ご家族に連絡とファンに無事だってことを報告してください」など、飯田を気遣いながら報告を待つ言葉も。また、「鮪さん、古賀さん、小泉さん、大丈夫ですか?」などといった、他のメンバーやスタッフを思いやるコメントも見られる。

 飯田のツイッターは、4日まで同バンドの活動についてのリツイートがされているが、自身のツイートは「ラジオ聴いてくれた人ありがとう!!」「6/15のライブでもお会いしましょう!! 楽しみがいっぱいで嬉しいです!」という5月31日のつぶやきが最後となっている。公式ツイッターと同様に、無事を祈るコメントが多数寄せられている。

 飯田は2017年2月、女優の清水富美加(現・千眼美子、24)と不倫関係にあったとサイトで告白し、謝罪している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ