伊藤蘭が41年ぶりコンサート キャンディーズの曲も歌った!

 元キャンディーズの女優、伊藤蘭(64)が11日、東京・文京区のTOKYO DOME CITY HALLでソロ歌手デビュー記念公演を開催した。

 田中好子さん(2011年死去、享年55)、藤村美樹さん(63、芸能界引退)と結成したキャンディーズが人気絶頂だった1977年に「普通の女の子に戻りたい」と宣言し、翌78年4月に解散公演を行って以来41年ぶりのコンサート。主にセンターで歌っていた伊藤が登場すると、約2500人は野太い声で「ランちゃ~ん」と熱狂した。

 ステージでは5月発売のソロデビューアルバム「My Bouquet」の収録曲に加え、「春一番」や「年下の男の子」「ハートのエースが出てこない」など当時の楽曲を透明感のある歌声と懐かしいダンスで披露し、計17曲を熱唱。アンコールでは「再び歌うことは勇気が必要でしたが、皆さんと一緒に楽しく過ごせて、歌うことを選んで良かったなと思っています」と感謝した。

 一方、公演前の取材では「一人で歌うのはやっぱり寂しい」と苦笑。夫で俳優の水谷豊(66)、長女で女優の趣里(28)や藤村さんも来場予定と明かし、藤村さんに対しては「もし来たらステージに上がってほしい」と“再結成”を願った。

 公演は、きょう12日も同所で。解散公演が行われた後楽園球場の跡地が近く、思い出の地で“再出発”した伊藤は「次回までに歌もダンスもブラッシュアップしたい」と意欲をみせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ