トラブル絶えない芸人…楽しんごも“闇営業”で吉本クビに

 また“闇営業”だ。2011年に「ラブ注入」のギャグが流行語大賞のトップテンに入ったお笑い芸人、楽しんご(40)が所属の吉本興業から3月末で契約解除されていたことが明らかになった。“闇営業”をやっていたことがバレたのだ。

 事務所を通していない営業が中止になった際にキャンセル料を請求。営業先が吉本に相談したことで“闇営業”が発覚したという。現在は別の芸能事務所に所属し、ユーチューバーとして活動している。

 “オネエキャラ”で人気を集める一方、整体師としても活動。しかし「2013年には自身が経営していた個人会社の従業員を殴ってけがをさせたとして傷害容疑で書類送検されるなど、トラブルが絶えない芸人。最近は新たに組んだコンビで“闇営業”に飛び回っていたそうです」と芸能関係者。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ