長谷川玲奈、独占インタビュー!10日から声優事務所で再出発

 5月18日にNGT48を卒業した長谷川玲奈(18)がサンケイスポーツのインタビューに応じ、10日から声優事務所、クロコダイル所属となり、声優として本格始動することを宣言した。昨年12月に暴行事件に遭った元メンバーの山口真帆(23)に寄り添う形で同時卒業したが、新たなスタートに立ち、「吹っ切れました」と前向き。「声優としての私を見つけてもらえるように頑張ります」と笑顔で誓った。

 困難を乗り越えた元NGT48の根性娘が、新しい夢のスタートに立つ。

 長谷川は、昨年12月に暴行被害に遭い、グループの問題を訴えてきた山口に菅原りこ(18)とともに寄り添い、5月18日に3人で同時卒業した。山口は同25日付で芸能事務所、研音に入り再出発。卒業後も連絡を取り合い、「今は前向きな話ばかりしています」と笑顔。心配するファンに向け、「今回のことがきっかけになり、一緒に辞めようと思ったのは間違いないです。でも、もう引きずってはいません。吹っ切れました」と爽やかに言い切った。

 卒業公演で声優転身の夢を明かし、10日から声優事務所、クロコダイルに所属して再始動。同社は元SKE48のアニメソング歌手の出口陽(31)、元HKT48の声優の山田麻莉奈(24)が所属。長谷川もスター声優を目指す。

 デビューに向けてレッスンもスタート。「ハスキーな声質なので男の子の役もやってみたいし、女の子らしい役にも興味があります。声優を生涯の仕事にしたいです」と胸を高鳴らせた。

 小学4年から中学3年まで男子に交じって野球に打ち込み、グループ時代はプロ野球の始球式に登板。スポーツ少女がアイドルになったきっかけは、AKBグループメンバーが声優を務めたアニメ「AKB0048」。アニメからアイドルの夢をみつけ、声優の道につながった。

 「秋元康先生がいろいろ動いてくださって、クロコダイルさんとも出会うことができ、感謝しています。今までやってきた活動を無駄にしたくないし、歌って踊ることは続けたいです。でも、そんなにアイドルを引きずりたくはなくて、演じるキャラクターからだったり、声優としての私をみつけてもらいたいです」

 野球アニメ「メジャー」が好きな作品の一つで、スポーツアニメに出演するのも夢だ。「野球ではレギュラーになるまで6年かかったんです。声優の仕事も大変だと思いますが、努力することは嫌いじゃないです」。

 山口、菅原との再会も願い、「本当に幸せになってほしい。違う道で夢をかなえて、3人で共演したいです」と誓った。

■長谷川 玲奈(はせがわ・れな)

 2001(平成13)年3月15日生まれ、新潟・胎内市出身。18歳。2015年にNGT48の1期生オーディションに合格し、16年1月に劇場公演デビュー。選抜総選挙は16年と17年は圏外、18年は77位。19年5月卒業。アイドル時代の愛称は「れなぽん」。憧れの声優は東山奈央。東山出演の好きな作品は「終末のイゼッタ」。161センチ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ