なつの2人の兄がいよいよ対面!再びアニメーターになるチャンスも…「なつぞら」第11週見どころ

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・0)。戦争孤児の主人公・なつ(広瀬すず)が北海道・十勝で酪農を営む柴田一家に引き取られて育ち、上京して草創期のアニメーションの世界に飛び込んでいく物語。第10週では、東洋動画に入社したなつが、仕上課でセル画に色を塗る仕事に励む姿が描かれた。

 第11週は「なつよ、アニメーターは君だ」。

 昭和32年春。東洋動画で働くなつたちは、数万枚におよぶセル画を仕上げて映画「白蛇姫」を完成させた。なつが「風車」へ帰ると、そこには新婚旅行で東京を訪れていた柴田家の長男・照男(清原翔)と砂良(北乃きい)の姿が。2人の馴れ初めや十勝での思い出話が弾む中、兄・咲太郎(岡田将生)も帰宅。なつの2人の兄が顔を合わせることとなった。

 数日後、なつは咲太郎に誘われ、小畑雪次郎(山田裕貴)とともに劇団「赤い星座」の舞台を見に行く。主演女優の亀山蘭子(鈴木杏樹)とも会い、帰宅後も熱が冷めないなつ。蘭子は、なつたちが制作した「白蛇姫」のアフレコを担当することとなった。

 アフレコの現場を見学したなつは、アニメーターの仲努(井浦新)に感想とお礼を言う。すると、仲から再びアニメーターになるチャンスを与えられることとなり…。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ