徳永えり、結婚発表後初の公の場 男女の友情は「あると思う」

 女優、徳永えり(31)が8日、東京・新宿武蔵野館で行われた主演映画「月極オトコトモダチ」(穐山茉由監督)の初日舞台あいさつに出席した。

 同作は「男女の友情は存在するか」をテーマに、編集者の主人公(徳永)と“レンタル友達”を生業とする男性(橋本淳)の交流を描くラブコメディー。穐山監督の初長編作で、第31回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に正式出品された話題作だ。

 徳永にとっては先月1日に一般男性との結婚を発表後、初の公の場。自身の役柄について「優柔不断で幼くて、感情の浮き沈みが激しいので、こんな女性が友人だったらイライラするかも」と苦笑。そのため「演じる上では、ちょっとドジな要素を加えて中和しました」と演技派女優らしい工夫を明かした。

 男女の友情については「あると思う」と回答。「男女の友情と愛情の境界線は本人たちが決めればいい。自分がどう生きていきたいかという選択肢のひとつだし、どちらにしても強い絆で結ばれていると思う」と説明していた。

 共演の野崎智子(25)はレンタル友達について「1回はやってみたいです」と興味津々の様子。ほかに山田佳奈(34)も出席した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ