復帰の道は険しく…ピエール瀧被告むしばんだ芸能界の“悪慣習” 評論家「薬物に対しての意識が甘く、無頓着すぎる」

 コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反の罪に問われたミュージシャンで俳優のピエール瀧被告(52)。5日に東京地裁で開かれた初公判で「心の甘さがあった」と語った。公判は即日結審し、18日には判決を迎える。そこからは復帰への道に進むわけだが果たしてうまくいくのだろうか。

 被告人質問で「心の甘さがあった。多くの人に迷惑を掛けて申し訳ない。(薬物に)二度と手を出そうとは思わない」と述べた瀧被告。検察側は懲役1年6カ月を求刑。弁護側は執行猶予付きの判決を求めた。

 「常習性は高いが、本人が強く反省の意志を見せていることを、初犯ということを鑑みて、執行猶予付きの判決が出るのではないか」と捜査関係者。そこからは薬物からの脱却と、ミュージシャン・役者として復帰の道が始まることになる。

 論告求刑で検察が指摘したように、20代からコカインを使っていた瀧被告。公判には治療を担当する精神科の医師が情状証人として出廷した。

 瀧被告は現在、薬物依存の治療のため、東京郊外の医療施設に通院。そこで、医師や臨床心理士とともに薬物の使用状況をディスカッションしているという。この医師は瀧被告の依存度は低いと明言し、「薬物をやめられる可能性は高い」と証言した。

 しかし、たとえ薬物をやめることができても、復帰の道は甘くない。

 芸能評論家の肥留間正明氏は「元KAT-TUNの田口淳之介被告の事件もあったように、薬物タレントへの世間の目は厳しい。特にCM業界では薬物事件と性犯罪は致命的なスキャンダル。テレビ局もそれに右へならえするから、電波媒体への復帰は簡単ではない」と指摘する。

 しかし、こうも言う。

 「まずはデビューのときの気持ちに戻って、ステージでコツコツと音楽をやっていけば、いずれはお呼びがかかるかもしれない」

 なぜ芸能人には薬物の誘惑が多いのか。

 「カネを持っている芸能人は常に闇社会のターゲット。バーやクラブで親しくなった人間に言葉巧みに連れていかれて、引き込まれる。一度薬物に手を出すと、後は支払いや脅しで戻れなくしてしまう」と肥留間氏。そこには芸能界の体質にも問題があるという。

 「瀧被告も20代からやっていたという。それで周囲はまったく気づかなかったというのはあり得ない。どこかに薬物に対しての意識が甘く、無頓着すぎるのです。この悪慣習が改められない限り、薬物が芸能界をむしばみ続けるでしょう」(肥留間氏)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ