小川彩佳アナ「news23」ずっこけのワケ… 関係者「初回でつまずくのは痛い」

 テレビ朝日を退社した小川彩佳アナ(34)がメインキャスターとして初登場した3日のTBS『news23』。注目の視聴率は4・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、鳴り物入りで参戦したとしては振わない数字。同番組は前週も4%前後を推移しており、どうも小川アナ効果の恩恵にあずかれなかったようだ。

 元カレの嵐、櫻井翔(37)がキャスターを務める日本テレビ系『news zero』の平均視聴率は9・6%(同)、そして古巣のテレ朝が放送した『激レアさんを連れてきた。』の特番は5・6%(同)とどちらも『news23』を上回る結果となった。

 「初登場という場合、ご祝儀的に視聴率が上がるものですが」と民放関係者もけげんな表情をみせる。「NHKを退社した有働由美子アナ(50)が『news zero』に初出演したときも10・0%と2桁の大台に届きました」とも。

 「これから彼女ならではの特色をみせて視聴率を引き上げる可能性もあるとはいえ、初回でつまずくのは痛い。数字(視聴率)が大きく動かなかったということは、視聴者の視聴習慣が変わらなかったということ。小川アナ見たさでチャンネルを合わせようという動きにつながらなかったのです」と先の民放関係者。

 話題が先行にもかかわらず、追い風にならなかったようだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ