NGT48、国民文化祭スペシャルサポーター復帰困難に 開会式出演せず

 9月に新潟県内で開催される国民文化祭と全国障害者芸術・文化祭の実行委員会は29日、新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」が開会式に出演しないことを明らかにした。近く開かれる開幕100日前イベントにも出演しないことが決まっており、元メンバー山口真帆さん(23)への暴行事件の影響で契約が保留されていた同祭スペシャルサポーターへの復帰は困難になった。

 実行委によると、開会式は9月16日に新潟市中央区の朱鷺(とき)メッセで開催。出演者は、佐渡を拠点とする太鼓芸術集団「鼓童」や同県出身のシンガーソングライターの佐藤ひらりさんなど。NGT48は出演しないという。

 また、6月2日に同県長岡市で催される同祭開幕100日前イベントにも、NGT48は出演しないことが決まっていることも分かった。重要イベントに相次いで出演しないうえ、スペシャルサポーターの代わりにPRする有名ブロガーの選定作業も詰めの段階に入っており、予算的にも復帰は厳しい状況となっている。

 実行委は「現時点では、判断を保留しているとしかいえない」としている。

 県は今年3月、スペシャルサポーターだったNGT48との広告契約を更新せずに保留。花角英世新潟県知事はこれまで、「事態が収束して(グループが)歓迎される状態になれば、国民文化祭で活躍してほしい。推移を見守りたい」との見解を示しており、復帰の可否が注目されていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ