仲間由紀恵の不倫相手は瀬戸利樹 7月スタート日テレ系「偽装不倫」

 俳優、瀬戸利樹(23)が7月スタートの日本テレビ系「偽装不倫」(水曜後10・0)で女優、仲間由紀恵(39)と不倫の恋を演じることが28日、分かった。瀬戸は仲間演じる既婚のキャリアウーマンに、人妻とは知らずに思いを寄せる年下ボクサー役。役作りで髪をピンク色に染めた新進気鋭のイケメンは「仲間さん演じる葉子に甘えたい」と熱演を誓った。

 注目の若手俳優が、実力派女優と“16歳の年の差不倫”を演じる。

 同作は東村アキコさんの同名漫画を原作に、女優の杏(33)扮する32歳の独身派遣社員の主人公が一人旅で出会った年下カメラマン(宮沢氷魚、25)に既婚者と偽って始まるラブストーリー。仲間が主人公の姉で独身と偽るキャリアウーマンの葉子を演じ、オーディションで相手役に抜てきされたのが瀬戸。2016~17年にテレビ朝日系「仮面ライダーエグゼイド」で注目され、公開中の映画「チア男子!!」など話題作に出演する期待のホープだ。

 瀬戸が演じるプロボクサーの風太は甘え上手で人懐っこく、母性本能をくすぐる天真爛漫(らんまん)なタイプ。人妻と知らずに葉子にひかれてしまう。

 制作側は「風太はとても魅力のあるキャラクター。何度もオーディションを重ねてやっと見つけたのが瀬戸さんで、『いた!』と直感した。彼が見せる自然な笑顔にきっと多くの人が癒されると思います」と期待する。

 大役に挑む瀬戸は「仲間さんは上品で知的で、本当にすてきな大先輩というイメージ。撮影では仲間さんの方からコミュニケーションを取ってくださって、とてもお芝居しやすい状況を作ってくださっています」と感激しきりで、「風太としてしっかり、仲間さん演じる葉子に甘えたいなと思います」と張り切る。

 原作の人物同様に髪をピンク色に染め、ボクシングジムでミット打ちやスパーリングを猛練習して役作りした。自身の激変した外見に「今はこの色を楽しみたい」と照れ笑いし、「風太はボクサーで夢を追っているところは(役者の道を進んでいる)自分と同じ。葉子さんに甘えたい気持ちもすごくよく分かります。自分も年齢よりフィーリングが大事だと思っているので、そういうところも同じだなと」と力を込める。チャーミングな年下男子が、女性ファンを魅了しそうだ。

★谷原章介ら豪華共演陣

 共演者も豪華な顔ぶれがそろった。主演の杏と恋人役の宮沢をはじめ、宮沢の姉役はMEGUMI(37)、仲間の夫役は谷原章介(46)、杏の親友役は田中道子(29)、杏と仲間の母親役は朝加真由美(63)。実力派キャストが盛り上げる。

■瀬戸 利樹(せと・としき)

 1995(平成7)年10月7日生まれ、23歳。千葉県出身。2014年、日本テレビ系「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」で俳優デビュー。16~17年にテレビ朝日系「仮面ライダーエグゼイド」で鏡飛彩・仮面ライダーブレイブを演じた。特技は野球。176センチ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ