「鉄道員」などプロデュース、元東映常務の坂上順さんも死去

 故高倉健さん主演映画「新網走番外地」シリーズや「鉄道員(ぽっぽや)」などで知られる映画監督の降旗康男(ふるはた・やすお)さんが20日午前9時44分に肺炎のため東京都内で死去していたことが26日、分かった。

 元東映常務で映画プロデューサーの坂上順(さかがみ・すなお)さんが18日午前1時8分、多臓器不全のため東京都内の病院で死去していたことを26日、東映が発表した。79歳だった。通夜・告別式はすでに執り行われた。坂上さんは体調を崩して今月2日に入院。検査の結果、がんが全身に転移。急に昏睡状態に陥り、帰らぬ人となった。プロデューサーとしての代表作は1973年の「ゴルゴ13」など。降旗さんとは「鉄道員」「ホタル」などでタッグを組み、くしくも降旗さんは坂上さんが死去した2日後の20日に亡くなった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ