降旗康男監督が死去、「鉄道員」「駅」などで高倉健さんと名コンビ

 故高倉健さん主演映画「新網走番外地」シリーズや「鉄道員(ぽっぽや)」などで知られる映画監督の降旗康男(ふるはた・やすお)さんが20日午前9時44分に肺炎のため東京都内で死去していたことが26日、分かった。84歳だった。パーキンソン病で療養中だったが、4月に体調が悪化して入院後、息を引き取った。故人の遺志により通夜と告別式は近親者で密葬として執り行い、お別れの会なども行わない。喪主は妻、降旗典子(のりこ)さんが務めた。

 昭和、平成の銀幕を彩った名監督が静かに息を引き取っていた。

 東映によると、降旗さんは2016年にV6・岡田准一(38)主演で撮影した遺作映画「追憶」(17年5月公開)のクランクアップ後、しばらくしてパーキンソン病を発症。懸命に闘病していたが、今年4月に体調を崩し入院。その後、肺炎を患い、回復しないまま天国に旅立った。

 通夜、告別式は、生前の故人の遺志により無宗教で近親者のみで密葬で執り行い、戒名はなし。祭壇には、愛飲していた日本酒「久保田 千寿」と愛用のメガネ、愛用の時計が供えられ、大好きだったポルトガルの民族歌謡「ファド」が流されたという。

 1934年に誕生した降旗さんは、衆院議員の祖父、吉田茂内閣で逓信大臣を務めた父の徳弥氏、住友銀行副頭取(当時)のおじを持つ名家の出身。1957年に東大文学部仏文学科卒業後、東映に入社し、66年公開の「非行少女ヨーコ」で監督デビュー。74年に東映を退社後、フリーに転身し、2017年の「追憶」まで計49本の作品を製作した。

 一方、70年代後半はテレビでも活躍。俳優、三浦友和(67)と山口百恵さん(60)夫妻が初共演したドラマ「赤い疑惑」など赤いシリーズをはじめ数多のヒット作を生み出した。

 また、故高倉健さんとのタッグも有名で、第23回アカデミー賞最優秀監督賞、最優秀脚本賞をW受賞した映画「鉄道員(ぽっぽや)」、「駅 STATION」など多くの名作を紡ぎ出した。高倉さんが激動の昭和を生き抜く特攻隊員を演じた「ホタル」では芸術選奨文部科学大臣賞を受賞し、「あなたへ」は2014年に死去した名優の遺作に。病に倒れるまで重厚な人間ドラマを撮り続けた巨匠だった。

■降旗康男(ふるはた・やすお)

 1934(昭和9)年8月19日生まれ。長野県県出身。1957年、東映に入社し、66年公開の「非行少女ヨーコ」で監督デビュー。69年公開で菅原文太さん主演「現代やくざ 与太者の掟」や高倉健さん主演の「新網走番外地 流人岬の血斗」などを手がけた。以降、高倉さんとのコンビで「あ・うん」「ホタル」などの名作を世に送り出した。2008年に旭日小綬章受章。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ