なつ、アニメーターになるため東洋動画を受験するが…「なつぞら」第9週見どころ

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・0)。戦争孤児の主人公・なつ(広瀬すず)が北海道・十勝で酪農を営む柴田一家に引き取られて育ち、上京して草創期のアニメーションの世界に飛び込んでいく物語。第8週から「東京編」がスタート。農業高校を卒業し、アニメーターを目指し上京したなつ。兄・咲太郎(岡田将生)と親子のような関係にある、おでん屋「風車」の女将・岸川亜矢美(山口智子)との出会いがあった。

 第9週は「なつよ、夢をあきらめるな」。

 なつは、憧れの東洋動画の入社試験を受けたものの不合格となり、自らの行く先を見失ってしまう。兄・咲太郎は納得がいかず、理由をアニメーターの仲努(井浦新)に直接聞きに行く。仲は、なつが試験に落ちたのは「咲太郎のせい」だと語るのだった。

 数日後、なつが亜矢美の店にいると、幼なじみの佐々岡信哉(工藤亜須加)が飛び込んできて、咲太郎が警察に捕まったと告げる。

 妹・なつを思う兄・咲太郎は、気持ちが空回り。そんな兄の本心を知ったなつの決意は…。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ