川栄李奈、電撃結婚&おめでたに“予兆”はあった 芸能ショナイ業務話

 AKB48卒業生の中でも超のつく売れっ子で、しかもまだ24歳と若いだけに、とにかく驚いた。17日夜に飛び込んできた女優、川栄李奈の電撃結婚&おめでたの喜び二重奏である。

 お相手の俳優、廣瀬智紀(32)には正直、名前を聞いただけではピンと来なかったが、顔を見て「アッ、あの…」と気づいた。記者も昨年、たまたま2人がW主演した舞台「カレフォン」を稽古から取材していたからだ。

 が、驚いたのは記者だけではなかった。発表後すぐに「カレフォン」の複数の関係者に連絡を取ったところ、誰もが「私もいま知った。びっくりしました」「きょう知ったばかり」という声がほとんどだったからだ。

 その1人に聞くと「共演者はみんな仲よくてね。稽古中から大勢でごはんに行くことが多かったです。でも、2人が好き合っていたなんて、まったく気がつかなかった」と感心するばかり。共演者やスタッフにはほとんど気づかれることなく、水面下で愛をはぐくんでいたのだろう。

 実際、演出を務めた放送作家、鈴木おさむ氏(47)も17日のブログで「舞台が(昨年11月に)終わってから、恋が始まったようなんです。だからね、ビックリしてるんです」と同じように驚いていた。ただ、“予兆”はあった。すでにDVDとしても発売されているこの舞台で、恋人同士を演じた2人の息は当初からピッタリだったからだ。

 幽霊としてよみがえった廣瀬演じる彼氏が、人生がうまくいかないことに悩むOL役の川栄を後ろからそっと抱きしめるシーンは、廣瀬の持ち前の優しさがにじみ出るようだったのを覚えている。8歳差とはいえ川栄は2月12日生まれ、廣瀬は2月14日生まれの水瓶座。誕生日が近いことも急接近した縁だったのかと、今にして思う。(M)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ