反町隆史の女性救護にネット「外見も心もイケメン」

 俳優、反町隆史(45)が今月9日、体調を崩した女性が路上に座り込んでいたところを救護していたと、13日放送のフジテレビ系「めざましテレビ」が報じた。

 番組では、救護された女性のツイートが話題となっていることを紹介。その女性への取材をもとに、当時の様子を伝えた。

 女性は駅のホームで動けなくなり、その場にいた会社員男性に介助されて、駅を出て自宅に向かった。しかし、途中で動けなくなり路上に座り込んでいたところに、反町と知人男性が現れ、事態を知り会社員と3人で女性を自宅まで送り届けた。その道中も、反町は「救急車を呼んだほうがいいんじゃない?」などと、女性を気遣う言葉をかけていたという。

 女性は家に入ったが、ドアの内側で再び動けなくなってしまった。外側で察知した反町らが救急車を呼び、救急隊が到着するまで待っていたという。

 名乗ることなく立ち去った反町ら。女性は後日、連絡がついた会社員にお礼を伝えた際に、一緒に救護にあたったのが反町だったことを知らされたのだという。

 反町の所属事務所は番組の取材に対し、救護を行ったのは「反町隆史本人で間違いありません」と認めているという。

 ネットでは、今回の反町の行動に「カッコいい」「外見も心もイケメンすぎる」「反町隆史に助けられたら、惚れてまうなぁ…」と称賛の声が多く寄せられた。そして「本当に相棒みたいやん」「女性を助けた反町隆史さんと一緒に居た2人が右京さんと伊丹さんだったらなぁ」と、反町が出演するテレビ朝日系のドラマ「相棒」シリーズに重ねる声や、かつて主演したフジテレビ系ドラマ「GTO」になぞらえ「さすが鬼塚先生!!! #GTO #反町隆史 #救世主」といった声も。

 その一方で、今回のニュースに「反町隆史さんが女性を助けたって話、この話のヒーローは最初の会社員さん」「助けた3人とも素晴らしい人達だよ」といった、最初に救護にあたった会社員や反町の知人男性の行動にも注目してほしいといった声も上がっていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ