二次元級美形の柚香光、大切な思い詰まった「花より男子」花組公演

 宝塚歌劇団花組男役スター、柚香光が10日、東京都内で行われた花組公演「花より男子」(6月15日~7月2日、東京・赤坂ACTシアター)の製作発表に出席した。

 漫画家、神尾葉子さんの同名人気漫画をミュージカル化。TBS系のドラマ版で嵐の松本潤(35)が演じた大財閥の御曹司・道明寺司が主人公として描かれる。

 二次元級の美形として人気の柚香は「少女漫画の原点は何かと聞かれたら『花より男子』と答えるくらい、自分の幼き頃の思い出や大切な思いが詰まっている大好きな漫画です」と告白。「道明寺は未熟な部分や幼さ、自覚していない心の中の満たされない思いから、権力を使いあらゆる人を苦しめてしまっています。牧野つくしと出会い、どのように成長し、どのように人と向き合うことを覚えていくか、丁寧に大切に彼の内部を演じられたらと思います。原作を大切にしている方、宝塚を愛してくださる方、宝塚を初めてごらんになる方に愛していただけるような舞台にしたいと思います」と気合をにじませた。

 ヒロインの牧野つくしを演じる娘役、城妃美怜は「たくさんの方に長い年月愛されてきた『花より男子』、そして牧野つくしを演じさせていただくことはプレッシャーもありますが、演じられる喜びが大きいです。周りを巻き込んでいくエネルギーのある役をまっすぐに力強く演じられるように頑張りたいです」と抱負を語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ