40歳の篠原ともえ結婚!トヨタなど広告手掛けた37歳イケメンと

 タレントでデザイナー、篠原ともえ(40)が今年1月に結婚していたことが3日、分かった。

 関係者によると、お相手は大手広告代理店勤務のアートディレクター(37)。広告、CM、商品のパッケージデザインなどを手掛け、トヨタやサントリーなど大手クライアントの仕事をしてきたイケメンだ。

 広告関連で多数の受賞歴があり、個展も開催。2人は昨年10月に仕事で出会い、共通の話題がアートだったことですぐに意気投合し、交際に発展した。今年1月末に婚姻届を提出するスピード婚だった。

 篠原は1990年代、お団子頭にランドセルを背負った個性的ファッションで「シノラーブーム」を巻き起こし、ハイテンションキャラをいかしてバラエティーで活躍。近年はデザイナーやアーティスト活動にシフトし、松任谷由実(65)や嵐のライブ衣装のデザインを手掛け、自治体関連や宇宙関連の仕事も多い。

 関係者によると、今後も仕事を続ける。大人の美しい女性となり、3月に40歳を迎えた篠原は、最愛の人と二人三脚で歩んでいく。

 ■篠原ともえ(しのはら・ともえ)

 1979(昭和54)年3月29日生まれ、40歳。東京都出身。95年、電気グルーヴの石野卓球(51)がプロデュースした「チャイム」で歌手デビュー。「ウルトラリラックス」などが大ヒットした。フジテレビ系「LOVE LOVEあいしてる」などバラエティーでも人気に。近年はデザイナーやアーティストとして活動。衣装や御朱印帳デザインを手掛けるほか、天文関連の仕事など多才ぶりをみせている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ