たかみな、令和初日に「結婚しました~!」 池松壮亮似の会社員と

 元AKB48のタレント、高橋みなみ(28)が2日、かねて交際していた15歳上のIT関連企業に勤める一般男性(43)と、令和初日の1日に結婚したことを発表した。この日出演したラジオ番組で生報告し、粋なプロポーズに納得いかず“駄目出し”したことを明かすなどハッピーオーラ全開。終了後の会見ではおねだりして2個もらった結婚指輪を披露し、「尻に敷かれてくれています。めちゃくちゃ幸せです!」とのろけた。

 「これやってみたかったんですよ!」

 パーソナリティーを務めるTOKYO FM「高橋みなみの『これから、何する?』」(月~木曜後1・0)の生放送後、東京・千代田区の同局で報道陣に対応したたかみな。左手を掲げてフラッシュを浴びると、仏高級ブランド、カルティエの結婚指輪よりもまぶしい笑みを浮かべた。

 夫とはAKB卒業後の2016年5月から交際。約3年間愛を育み、令和初日の1日にマネジャーが代理で婚姻届を提出した。

 2日午前7時にSNSで結婚を発表。「よめ」「だんな」と書かれたTシャツ姿のツーショット写真を掲載し、「彼は昭和生まれ、私が平成生まれという事と、お付き合いを始めたのが5月という事もあり、新しい時代の始まりと共に家族として歩むことを決めました」(原文ママ)と報告。「我が家の気難しい猫にも好かれる優しい人」と紹介した。

 ラジオでは「結婚しました~!」と絶叫し、「みなちゃん」と呼ばれていると告白。最初に伝えたのは盟友の前田敦子(27)で「『おめでとう』と興奮気味に喜んでくれた」と感謝した。

 プロポーズは昨年末。プレゼントのキーケースに婚約指輪がついている演出だったが、一年を通してプレッシャーを掛けていたという高橋は、相手がひざまずく“お姫様スタイル”を望んでいたため、「『ちゃんと言って!』とお願いして『結婚してください』と言わせました」と笑顔。結婚指輪はシンプルなものに加え、「キラキラしているのも欲しい」と2個もらったことも明かした。

 元祖神7では昨年7月に俳優、勝地涼(32)と結婚した前田、今年2月の篠田麻里子(33)に次ぐ3人目のゴールイン。関係者によると夫は「年を重ねた池松壮亮似」で、高橋は「尻に敷かれてくれている。鬼嫁にならないように気を付けます」と苦笑。挙式・披露宴は未定。妊娠はしていないが「敦子ちゃんのお子さんがかわいいので考えていきたい」と目を細めた。

 ■高橋みなみ(たかはし・みなみ)

 1991(平成3)年4月8日生まれ、28歳。東京都出身。2005年、AKB48の第1期メンバー。12年8月から同グループの総監督を務め、16年4月に卒業。現在はTOKYO FM「高橋みなみの『これから、何する?』」のパーソナリティーを務める他、テレビやラジオ・CMに出演中。148.5センチ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ