山田杏奈が殺人容疑をかけられる女子高生に 姫川・二階堂ふみと対決

 女性刑事・姫川玲子(二階堂ふみ)が、姫川班メンバーの菊田和男(亀梨和也)らとともに難事件の真相に迫っていく本格警察ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」(木曜後10・0、フジテレビ系)。2日放送の第4話「右では殴らない」に若手女優、山田杏奈(18)がゲスト出演する。

 山田は、映画「ミスミソウ」、ドラマ「幸色のワンルーム」(いずれも昨年)などで透明感あふれるルックスとは裏腹に数々の難役をこなしてきた若手実力派女優。24日公開の映画「小さな恋のうた」ではヒロインを務めている。

 今回のドラマでは、連続殺人事件に関与している可能性があるとして取り調べを受ける女子高生の下坂美樹を演じ、姫川と全面対決する。

 山田自身が「今までにないような刺激的な役」というように、優等生らしい見た目だが、心の中では大人をばかにし、相手が警察官だろうと挑発してかかる屈折した少女役となっている。

 山田は、多くのファンがいる同作品への出演に緊張感を持ちつつ「レギュラー陣のみなさまに話しかけていただいたおかげでリラックスして撮影に臨むことができた。“ストロベリーナイト・サーガ”の世界観をぜひ楽しんでいただけたら」とコメント。

 企画の同局・渡辺恒也さんも「10代の若手女優のなかでもひときわ異彩を放つ演技で注目を集める山田さん。難しい役どころを感情豊かに演じきってもらった」と絶賛し、原作をベースとしているタイトル「右では-」について「1話で全貌が明かされなかった、姫川が刑事になるきっかけのエピソードを交え、過去と現在がつながってクライマックスに向かっていく見応えある4話になった」と話している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ