NHK平成紅白のSMAPシーンにファン歓喜 「過去形ではない、令和も駆け抜けて欲しいね」

 29日放送の「総決算!平成紅白歌合戦」の第1部で、2016年に解散したSMAPの映像が流され、ネットが大騒ぎとなった。ツイッターでは「SMAP」のほか「平成紅白歌合戦」「NHK紅白」などの関連ワードがトレンド入り。SMAPへの熱い思いがSNSにあふれた。

 平成という時代に放送された紅白歌合戦を年代順に名場面で振り返る同番組。スタジオゲストとして北島三郎、松田聖子、嵐が出演した。

 SMAPの出演シーンとして取り上げられたのは2003年の第54回紅白歌合戦。この年、SMAPは「世界に一つだけの花」で出場し、当時、番組史上初めてポップス系のグループとして大トリを務めた。03年といえばイラク戦争が勃発した年。5人は「今年、世界中でたくさんの尊い命が失われました」(中居正広)、「僕たちに今何ができるでしょうか」(草なぎ剛)などとメッセージを送り、白いスーツでおなじみの振り付けを披露した。

 懐かしい映像が流れると、ネットには堰を切ったようにファンのコメントがあふれた。ツイッターには「ありがとうNHK~」「SMAPがSMAPとして5人で居る姿を見るだけで胸がいっぱいになってしまったよ」「あの頃想像してなかった。平成最後にSMAPがいないなんて…」「期待しないで見てたら、結構、出てきて…。5人が並んでると、涙が出てきてしまう…」「平成を駆け抜けた。なんて過去形ではない、令和も駆け抜けて欲しいね」「NHKの平成紅白歌合戦という番組を見て、自分がSMAPのファンだったことを改めて実感した。ありがとう、平成とSMAP」などの声がズラリと並んだ。

 またスタジオでは嵐のメンバーがSMAPへの思いを語る場面も見られた。松本潤(35)は「大先輩ですよね。ずっとこう、勉強させていただいてきたグループですし」とコメント。そのうえで「僕らがのちに初めて紅白に出させていただいたときの司会が中居君だったので、すごく心強かったですね」と笑顔で当時を振り返った。

 この発言もネットでは大きな話題に。ツイッターには「嵐にSMAPの思い出を語らせるのも貴重だよね」「嵐ちゃんが、コメントしてくれたの凄く嬉しかった!素直にありがとう」「松潤がSMAPの話してくれたの嬉しかった~!」「SMAPのことを嵐が言及してるしNHKえらい」などの声が相次いだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ