GACKT、RIZIN解説「ボクは要らない」 ネットでは擁護の声も

 格闘イベント「RIZIN」で解説を務めた歌手、GACKT(45)が、「今後解説席に座ることはもうない」と宣言をした。

 21日にフジテレビ系で放送された「RIZIN.15」でGACKTはゲスト解説を務めたが、SNSでは「スタミナしか言わんやん」「ボソボソと耳障り」などといった批判的な意見が上がっていた。

 GACKTは22日に更新した自身のフェイスブックで、「今回度重なる要請を受けてやったものの、ボクの話すペースは全く解説者向きじゃない。解説を本業にやってる方達にも失礼だとも思うし、技術面も話せる人がいるならボクがそれを話す必要も全くない」とし、「今後解説席に座ることはもうない。これで最後だ」と今後解説をしないと断言。「強く頼まれたこととはいえ、ボクが格闘技ファンとして客観的にボク自身を見たらボクは要らない」と、今回の判断についてもつづっている。

 一方でネットでは、「GACKTのコメントは的確」「Gacktの解説が的確で冷静で低音な声が意外と好印象」といった擁護の声も上がってる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ