NGT山口卒業…運営の対応にファン激怒! HKT指原に「AKSの社長になって欲しいよ」の声

 昨年12月に暴行被害に遭ったNGT48・山口真帆(23)が21日、新潟市のNGT48劇場で行われたチームG公演の千秋楽に出演。卒業を発表した。彼女の卒業を受け、AKB48グループの主要メンバーがSNSを通じてそれぞれの思いを吐露。その言葉に大きな反響が寄せられている。

 この日、101日ぶりに公の場に姿を見せた山口。前日、モバイル有料会員向けのメールで卒業をほのめかしていたが、この日の公演で事前に書いたという手紙を読みながら「何をしても不問になるグループ。アイドルをできる居場所がなくなってしまった。今の私にNGTのためにできることは卒業しかありません」と言い切った。また山口をかばっていた仲の良い長谷川玲奈(18)、菅原りこ(18)も同時に卒業する。5月5、6日に最後の握手会を行い、5月18日に卒業公演が行われる。

 山口の卒業発表を受け、AKB48グループ総監督の向井地美音(21)は21日の深夜にツイッターを更新した。そこで向井地は「3人の卒業という形になってしまったことが、すごく悲しいし辛いです」と切り出し、「大切なファンの皆さんにもたくさん不安な思いをさせてしまい、私はこれからメンバーやグループを守っていかなければならない立場なのに、何ひとつ変えられなくてごめんなさい」と謝罪。そのうえで「何が正しくて何が間違っているのか心の目でちゃんと見つめて、まっすぐ頑張っているメンバーがまっすぐに夢を追い続けられる場所にしたい。そしてアイドルとして、1人の女の子として、みんなが幸せになってほしい。それだけです」と言葉をつなげた。

 この投稿の返信には「向井地は悪くない」「向井地が謝る必要はない」「謝るべきは運営」などの意見が圧倒的に多かったが、中には「変えて欲しい。みーおん1人じゃなくてみんなで。より良いグループになる為に。いつでも夢を抱くことができるグループであって欲しいしメンバー全員がそれぞれの夢を叶えて欲しい。グループにいることで苦しんでる姿は見ていられない」「AKBグループにとって最大の危機と言ってもいい時だけど、まっすぐに頑張ってるメンバーの方が殆どだと思うし、ファンを含めた皆で良い方向に向かえるよう頑張ろうね」「彼女達の勇気を絶対に無駄にしちゃいけない」といった前向きな声も少なからず確認できた。

 一方、28日に卒業コンサートを行うHKT48・指原莉乃(26)もツイッターを更新。まず「信頼できる違う場所で輝けますように」とつぶやき、そのうえで「本当だとしたら未成年の子供も預かっている会社としておかしい。大人数を預かっておいてその感覚の人とは思いたくない。私も現社長とは一度しか会ったことも喋ったこともなかったしコミュニケーション不足もあるのか、いま預けられている人の不安さ不信感がわかってないような。全体的に怖いしおかしい」と投稿した。また全文を必ず読んでほしいという思いを込め、マスコミに対し「今回のツイートに関しては、ツイートの一部を見出しにしたり一部の引用はなしでお願いします」というコメントも付け加えた。

 このツイートは発信から3時間後で1万2000以上リツイートされ、「いいね」の数も4万を突破した。ストレートかつ辛辣な指原の投稿にファンも「NGT48の為にありがとう」「卒業時期にありがとうございます。今後とも声をあげて浄化に協力していってください。ありがとう」「残り少ない時間純粋にアイドルとしての時間を楽しんで欲しいのに…」などと返信した。

 上層部に対して常に忖度なしに発言しつづける指原。そんな彼女に「莉乃ちゃんがAKSを買収しましょう」「さっしーがAKSの社長になって欲しいよ」「指原莉乃大先生!あなたの財力をもってAKSを買収して下さい。お願いします。そして、その会社のCEOになってください」などと“要望”するファンの声も数多く見受けられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ