元TBS・宇垣美里「怖いですね」 退社後初イベントでカメラのフラッシュに驚がく

 元TBSアナウンサーの宇垣美里(28)が20日、東京・SHIBUYA TSUTAYAで初フォトエッセー「風をたべる」(集英社)の発売イベントを行った。

 先月末で退職し、今月から芸能事務所、オスカープロモーションに所属して芸能活動を開始。この日が初のイベントで、カメラの無数のフラッシュを浴びると「怖いですね。四方八方からカメラが向かってくる感じ」と目を丸くしていた。

 会社員を辞めた実感について聞かれると「保険証を変えた。勤務を入力するのが苦手でその必要がなくなってうれしい」と現実的。今月は屋久島やミラノを旅行してリフレッシュしたという。

 今後については「遠い場所でも撮影してみたいし、他局にも行ってみたい。(局アナではなくなり)肩書が何になるのか探していけたらと思います」とあらゆることに挑戦する意欲を見せた。

 フォトエッセーは沖縄で撮影し、「週刊プレイボーイ」で執筆したコラムをまとめたもの。「違う宇垣美里を知っていただけたら」とアピールした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ