石野卓球、報道陣に“許してニャン”ポーズ!解散は「するかよバーカ」

 テクノユニット、電気グルーヴの石野卓球(51)が17日夜、東京・新宿LOFTでソロ公演を開催。コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪で起訴された相方、ピエール瀧被告(52)が先月12日に逮捕されてから、初めて報道陣の前に姿を見せた。

 会場前には約50人の報道陣が集結。サングラス姿の卓球は関係者が運転する車で午後5時半ごろに到着し、報道陣からカメラを向けられると、満面の笑みでこぶしを掲げるおちゃめなポーズで対応。「瀧被告とは会話した?」と聞かれると上機嫌に「エロい話」とだけ答えて会場入り。

 この日の公演はひと言も発しない、通常のDJスタイル。瀧被告に言及することはなく、たばこをふかし、ビールなどを飲みながら電気グルーヴの楽曲「富士山」などで約3時間、盛り上げた。

 終演後、午後10時前に会場から外に出ると、到着時と同じポーズを披露。出待ちのファン、やじ馬ら大勢がごった返す中、報道陣に電気グルーヴの解散について聞かれると、「するかよ、バーカ!」と言って迎えの車に乗り込んだ。

 また、ツイッターでは、自身が取ったポーズについて「ガッツポーズじゃないよ!許してニャン!なのに!」と説明。今回の公演も振り返り、「楽しかったー!」とつぶやいていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ