渡辺謙、元福島第1原発所長役を熱演

 俳優、佐藤浩市(58)が17日、東京・新宿区のリーガロイヤルホテル東京で行われた来年公開の主演映画「Fukushima50」(若松節朗監督)の会見に共演の俳優、渡辺謙(59)と出席した。

 2011年の東日本大震災で津波に遭い、甚大な被害を受けた福島第1原発事故を描いた作品。1・2号機の当直長、伊崎利夫を演じた佐藤は「(震災から)まだ8年なのか、もう8年なのか、みんな思いは違う。おのおのが生きる上で何が必要かを感じ取ってほしい」と力を込めた。

 渡辺は元福島第1原発所長で13年に亡くなった吉田昌郎さんを熱演。これまでボランティアで被災地を訪れており、「福島の方々に恩返しじゃないけれど『こういう作品を届けられました』と伝えたい」と打ち明けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ