左足負傷の吉本新喜劇・森田まりこ 順調に回復「早く舞台に立ちたい」

 昨年12月の大阪・なんばグランド花月公演中に左膝前十字靱帯断裂の重傷を負った吉本新喜劇の森田まりこ(38)が15日、大阪市内で行われたなんばグランド花月の「ぶーぶーぶーグルメにお笑い最高! 私ら女子会ですねんキャンペーン」(5月7日~7月23日)概要発表会に出席した。

 会見後、報道陣に囲まれた森田は膝の状態について「順調に回復に向かってますが、舞台復帰は未定です」と説明。1月に手術を受け、2月16日に退院した後は、ラジオ番組などに出演しながらリハビリを続け、ジムで筋トレにも励んでいるという。

 「スタスタ歩けます。自転車も乗れます。超ダッシュとか、してはいけない動きがあり(ギャグの)リンボーダンスはもうちょっとかかるけど、ゴリラのモノマネはOK。早く舞台に立ちたい」と完全復帰を願った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ