NGT48、現行の2チーム制を解体! ネットでは大ブーイング

 新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」は11日、2チーム制を廃止し、1期生と研究生からなる体制に移行すると公式サイトで発表した。現在2つあるチームNIII、チームGの千秋楽公演(最終公演)を21日にNGT48劇場(新潟市中央区)で行う。運営会社「AKS」(東京都)は、メンバーの山口真帆(23)が暴行被害に遭った事件とその後の騒動を念頭に「再スタートを切りたい」としている。

 この発表にネットでは「どういうこと?」「そうじゃないだろ」「何の解決にもなってない」といった数多くの疑問の声が。「1からやり直したところで根本的な問題は解決されんのに」「他にやることがあるでしょうが!」といった運営側への苦言もみられた。

 そして「山口真帆さんは今どんな気持ちなんだろう」「そもそも、山口真帆さんはこの解体に同意したのか?」と当事者である山口を心配する声も多かった。

 暴行事件に遭遇した山口は、チームGの副キャプテン。暴行事件が起きたのは昨年12月。今年1月に山口が自身のツイッターで事件を告白した。AKSは第三者委員会を設置し、3月に同社幹部が会見で調査結果を報告したが、会見中に山口がツイッターで異議を唱えるなどし紛糾。これを受け、新潟県、市やJR東日本が広告契約の継続を保留した。テレビ、ラジオのレギュラー放送も姿を消し、公式サイトのスケジュールは4月以降、事実上の“白紙”となっていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ