井上陽水「少年時代」に出てくる“風あざみ”の意味って? SNS「天才ですよね」

 シンガー・ソングライター、井上陽水(70)の代表曲の1つ「少年時代」(1990年)。その歌詞にある「風あざみ」という言葉の意味について、井上が6日放送の「SONGS」(NHK総合)で語る場面があった。その内容にネットがザワついている。

 数多くのテレビCM曲として採用されるなど、時代を超えて愛された同曲。発売から7年かけてミリオンセラーを達成するなど、幅広い世代に親しまれてきた。また数多くのアーティストにカバーされた楽曲としても知られている。

 この「風あざみ」という言葉は同曲の冒頭に出てくる。井上はこの言葉について「(多年草の)『オニアザミ』という言葉は知ってましたから」とし、「風あざみもあるでしょう、みたいな感じで録音した」と説明した。当時、頭の中で「辞書でちゃんとそういう言葉があるかどうかチェックしたほうがいいのかな?」と思ったというが、「『そんなことチェックしてどうすんの?』という気持ちがあるんですよ」と井上。なんとこの言葉が造語であることを暴露した。

 「部屋のドアは金属のメタル」や「砂漠のデザート」など、独特のフレーズを挟み込むことで有名な井上。説明はなおも止まらず、「僕の仕事っていうのは真実をお伝えすることではない」と強調。そのうえで仕事の本質について「楽しけりゃいい。甘いところがあるんですよ」と述べ、笑顔を見せた。

 井上のぶっちゃけにSNSも反応した。ツイッターには「確かに意味がわからないし、この歌詞以外で聞いたこともないな」という納得の声や「『風あざみ』って名詞だったの???わたしは「風(を感じ)あざみ(を見る)」みたいな表現だと思ってた」と、独自の解釈で同曲を楽しんでいたという意見もあった。

 さらには造語を馴染ませてしまう井上の才能を絶賛する意見も多く、「天才ですよね」「こういうことに芸術性があるのでは」「まぁ造語だろうとなんだろうと風あざみってなんか好きだなぁ昔から」という投稿も散見された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ