斎藤工、瀧被告は「本当に猛省してほしい」

 コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪で起訴されたテクノバンド、電気グルーヴのメンバーで俳優、ピエール瀧被告(51)が出演する映画「麻雀放浪記2020」(白石和彌監督)の初日舞台あいさつが5日、東京・丸の内TOEI(1)で行われ、主演の斎藤工(37)が前日4日に保釈された瀧被告について言及した。

 斎藤は終了後、報道陣に対応し、「ご本人(瀧被告)も今、これだけ大きな波紋が広がっていると実感していると思う。今は本当に猛省してほしい」と苦渋の表情。今回の事件については「僕らも(瀧被告に)信頼されすぎていたのかも」と切り出し、キャストやスタッフらの熱意で完成する作品を守るために「(薬物)検査を常にすることも良いのでは」と提案していた。

 同作をめぐっては先月20日、瀧被告の作品に関して自粛ムードが漂う中、配給の東映は編集せずに予定通り上映すると発表。この判断については「特殊な答えですが、映画人、映像制作者の希望になることを祈っています」と訴えていた。

 白石監督も同席し「僕とピエール瀧という関係性では今後、作品を作ることは難しいかもしれない」とした上で「いち友人として、必要であれば、瀧さんの治療とか、瀧さんが社会にどう貢献するかとか、協力できることがあれば考えていきたい」と話していた。

 続けて「エンターテインメントとして、観てくれるお客さまに何を届けようとしているのか、この世界に関わる者は真摯に考えてやっていくしかない」と決意をにじませた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ