NHK的には「立体パズル」 あさイチ、近江友里恵アナの言い換えにSNS盛り上がる

 5日放送のNHK情報番組「あさイチ」の放送中、「立体パズル」という言葉がSNSで話題となった。

 この「立体パズル」という言葉は一体なんのことなのか。

 この日は連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・0)で、広瀬すず(20)演じる主人公、なつの養父「柴田剛男」役の俳優・藤木直人(46)がプレミアムトークのゲストとして生出演。なつの子役時代を演じている粟野咲莉(8)がVTR出演し、撮影現場で「ルービックキューブ」の揃え方を伝授してもらったことを話した。

 スタジオでは、博多華丸・大吉の博多大吉(48)が「ルービックキューブのブームがきているんですか」となどと藤木と会話を進めていたが、同局の近江友里恵アナウンサー(30)が、藤木が愛用する「ルービックキューブ」を紹介する際に、「NHK的には『立体パズル』と言います」と説明。スタジオでは、その呼び名に驚きの声が上がり、ケンドーコバヤシ(46)はさっそく「立派な『立体パズル』ですね」と“NHK的”コメントで笑わせた。

 しかし、藤木は会話の中で「ルービッ…」と思わず口にしてしまい、「『立体パズル』の揃え方が…」と慌てて訂正。さらに“NHK的”を告げた近江アナまでもが「ルービックキュ…」と言いかけてしまうこととなった。

 放送中には、近江アナのコメント「NHK的には立体パズル」のツイートが多数。同局のコント番組「LIFE!」で内村光良(54)が扮するNHKゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・マーベラス・ディレクター、三津谷寛治の決めゼリフになぞらえ「立体パズル。NHKなんで」と盛り上がった。また「ルービックキューブが想像出来ないNHK的な呼び名」といった分かりづらさを感じている声もあったが、商品名を言えないことに理解を示す声がほとんど。「オセロはなんていうんだろう」といったコメントもあった。

 NHKでは、放送法で他社の営業広告を禁じられているため、番組で「企業名、商品名、キャラクター名を使わない」とされている。商標である「テトラポッド」を「消波ブロック」に言い換えたりしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ