ピエール瀧容疑者を起訴 麻薬取締法違反

 コカインを使用したとして東京地検は2日、麻薬取締法違反の罪でテクノユニット、電気グルーヴで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)を起訴した。

 瀧被告は3月12日頃に東京都内などでコカイン若干量を摂取したとして、関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された。調べに対し、「コカインを使用したことに間違いありません」と容疑を認めた上で、「20代のころからコカインや大麻を使っていた」「ストレス解消のために使った」などと供述していた。

 今回の事件では瀧被告にコカインを譲り渡した疑いで20年来の友人で通訳業・田坂真樹容疑者(48)も逮捕された。瀧被告は田坂容疑者からコカインを買ったことを認める供述をしている。

 電気グルーヴの相方、石野卓球(51)はこの日、ツイッターを更新。現在はポルトガルに滞在中とし、フォロワーに瀧被告にかける言葉を質問されると「I love you」と“電気愛”をつぶやいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ