吉田拓郎、のどにがん患い闘病していた 涙声で妻に感謝「もう歌えないと何度も…」

 歌手、吉田拓郎(72)が、24日放送のニッポン放送「吉田拓郎 ラジオでナイト」(日曜後11・30)で、2014年にのどにがんを患い、放射線治療を受けていたことを初告白した。

 番組後半、拓郎は「初めてお話ししますが…」と切り出し、「2014年に、のどの声帯に白板症という異物が発見されたんです。全身麻酔で手術をしたんですが、異物を取って調べたところ、がんがまた発見されたという」と告白した。

 拓郎は2003年に肺がんを患い、摘出手術を受けたことは明かしているが、のどのがんについて話すのは初めて。検査後は2カ月間、毎日通院して10分間の放射線治療を受けたといい、「(治療後は)食べ物はのどを通らない。声は出ない。のどは常に痛い。約半年間、苦痛の日々が続きました」と述懐した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ