高島礼子もボケる熱海五郎一座 「真剣に笑った」製作発表会見

【芸能ニュース舞台裏】

 「会見の登壇者の発言が自由奔放だからか、製作発表で大笑いすることなんかないんですが、今回は真剣に笑っちゃいました」

 ベテラン演劇記者がそう伝えるのは先ごろ、東京・ニッポン放送で行われた新橋演舞場の舞台、「熱海五郎一座シリーズ第6弾 跳べないスペースマンと危険なシナリオ~ギャグマゲドンmission~」(5月31日初日)の製作発表記者会見だ。

 「正月にスキーで大腿骨を骨折した座長の三宅裕司が、手術後初めて公の場に登場するので注目されましたが、Take2の東貴博は妻の安めぐみらと週末にハワイ旅行に行くことに触れ、『そんなことができるのも仕事が順調だからでしょうね。別荘も建てていますから』と炎上ものの発言。春風亭昇太が『出演者がどんどん年を取って《笑点》の楽屋と変わらない』と嘆けば、高島礼子は『熱海五郎一座』を『熱海五郎座一座』と2度間違えて、みんなに突っ込まれていましたね」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ