「カメ止め」に続け、自主製作映画「岬の兄妹」監督凱旋

 人気シンガー・ソングライター、あいみょん(24)も絶賛するなど、国内外で高い評価を受けてヒット中の自主製作映画「岬の兄妹」を撮った大阪・豊中市出身の片山慎三監督(38)が16日、大阪市内で凱旋舞台あいさつを行った。

 自閉症の妹に売春を斡旋(あっせん)する、足の不自由な兄の生活を描く作品。製作費200万円は自ら調達した。「作ってるときは、大阪公開より、どうやって上映しようかと考えてた。ありがたいと同時に内容が内容なので、ホント大丈夫かな」と苦笑した。

 日本映画では昨年、製作費300万円の低予算作品「カメラを止めるな!」が異例の大ヒット。片山監督は「原作ものが多かったり、コンプライアンスを気にして映画なのに自粛したり。そういう(メジャーの)作品に飽きてきて、観客がこんな作品を見たい時期なんじゃないか」と分析してみせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ