ピエール瀧容疑者の出演映画「居眠り磐音」 該当シーンを再撮影し、予定通り公開へ

 麻薬取締法違反(施用)の疑いで逮捕されたテクノバンド、電気グルーヴのメンバーで俳優、ピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)が出演した映画「居眠り磐音」(本木克英監督)について、製作サイドは14日、該当シーンを再撮影し、予定通り5月17日に公開することを発表した。

 同映画の公式HPで、「ピエール瀧容疑者の逮捕を受けて、関係者で協議の上、当該出演箇所を撮り直し、差し替えることと致しました。予定通り5月17日(金)に全国公開致します」と説明。また、マスコミ各社にファクスを送り、「代役の出演者については改めて発表致します」とした。

 同作は、佐伯泰英氏の同名小説を実写化した時代劇。豊後関前藩出身で人情に厚い主人公が、悪に立ち向かう姿を描く。瀧容疑者は関前藩国家老・宍戸文六役で出演していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ