竹内結子、同じ事務所の中林大樹と結婚「息子が背中を押してくれた」

 女優、竹内結子(38)と俳優、中林大樹(34)が大安の27日に結婚したことを同日、2人の直筆署名入り文書で発表した。2人は2009年に竹内が主演した映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」の共演で出会い、同じ事務所の先輩後輩の間柄から次第に恋人関係に発展。竹内の長男(13)が背中を押したこともあり、結婚に至った役者カップルは「三人で幸せな家庭を築いてまいります」と誓った。

 放送中のフジテレビ系「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」で天才弁護士を熱演中の竹内が、私生活でも“護る”べき家族が増えた。

 大安の27日、竹内と中林は直筆署名入りの文書をサンケイスポーツなどスポーツ各紙に送付。「ご報告」と題し、結婚を発表した。

 所属事務所によると、婚姻届はこの日、東京都内の区役所に提出。挙式・披露宴は未定。新居は準備中で、竹内は妊娠していない。

 2人の出会いは2009年の映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」での共演。主演の竹内は大学病院の心療内科医、中林は新米医師を演じた。

 書面では「所属事務所の先輩後輩として家族同士の付き合いが始まり、いつしかその関係が変わってゆくのをお互いに感じておりました」と次第に恋人関係に発展したと説明。今年1月には週刊誌「女性セブン」で焼き鳥デートが報じられた。

 中林はTBS系「グッドワイフ」で、大学の法学部時代に学んだ知識を生かして検事役を好演中。関係者によると人懐こい性格で、07年にデビューしたテレビ朝日系「めぞん一刻」で共演した岸部一徳(72)から今でも食事に誘われるなどかわいがられている。

 2人の結婚の“キューピッド”となったのが竹内の長男だ。

 竹内は05年に映画「いま、会いにゆきます」で共演した歌舞伎俳優、中村獅童(46)と結婚し、同11月に長男を出産。獅童とは08年に離婚したが、母として、女優として奮闘してきた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ