松本穂香、伊藤健太郎とアニメ映画「きみと、波にのれたら」に出演

 女優、松本穂香(22)と俳優、伊藤健太郎(21)が、6月21日公開のアニメ映画「きみと、波にのれたら」に出演することが17日、分かった。

 同作は男性7人組、GENERATIONSのボーカル、片寄涼太(24)と女優、川栄李奈(24)がW主演。海で命を落とした消防士の港(片寄)と海辺の街へ引っ越してきたひな子(川栄)の青春ラブストーリーだ。

 松本は今回が声優初挑戦で、港の妹・洋子役。伊藤は港の後輩消防士、山葵(わさび)を熱演した。2人は兄を亡くしたひな子を傍で励ますが、洋子は山葵に、山葵はひな子に好意を抱く三角関係も見どころとなる。

 メガホンを執った湯浅政明監督(53)は「洋子は感情とは裏腹に一番強がった、ともすればステレオタイプになりがちな役柄。松本さんが演じることで血の通った『らしい』キャラになりました」と太鼓判。「山葵は情けない部分が多々あるので嫌われる可能性もありましたが、伊藤さんが演じることでとても愛すべきキャラクターになった」と胸を張る。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ