“寿退社”小川彩佳アナに「ニュース23」起用報道 TBS女子アナは地獄…歯ぎしりのテレ朝

 突如発表されたテレビ朝日の小川彩佳アナ(33)の“寿退社”。「報道ステーション」などで人気を集めたクール・ビューティーの身の振り方が気にかかるところだが、まさかのTBS系報道番組「ニュース23」の新キャスター候補と報じられ、気が気でないのはいったい誰だ。

 8日退社が発表された小川アナ。同日、キャスターを務めるネットTV「AbemaTV」の報道番組「Abema Prime」に出演し、退社を報告。お相手の男性について「本当に一般男性。年齢はひとつ上」「去年の春頃に出会いました」と明かした。

 2007年にテレビ朝日に入社し、11年から「報道ステーション」のサブキャスターを担当。正統派美人の顔立ちと、ニュースを報じた後に浮かべる怒りや憂いの表情が人気を集め、クール・ビューティーの代表格として知られる。

 2017年に報じられた嵐の櫻井翔(37)との破局報道直後の結婚とあってネット上では戸惑いの声も上がっているが、それはさておき同じぐらい気になるのは今後の身の振り方。

 小川アナ自身、「人生やキャリアについて思いを馳せるなか悩み抜き、このタイミングで公私ともに新たな環境に身を置くという決断を致しました」とコメントしており、フリーでやっていく気持ちマンマンだ。

 そこで浮上したのがTBS「ニュース23」キャスター説。10日付のデイリースポーツが報じたのだが、これが波紋を広げている。

 「TBSはメーンに女性タレントや他局をやめた女子アナにすぐに飛びつくケースが多い。女子アナの活躍の場が少ないという状況に局内でも不満が高まっており、その反動が吉田明世アナ(30)や宇垣美里アナ(27)といった若手アナの退社につながっているのです。今度、小川アナを起用することになれば、TBSの女子アナが崩壊しかねない。局内はかなりピリピリしていますよ」と放送関係者。

 一方、ほぞをかんでいるのはテレ朝だ。こちらも「羽鳥慎一モーニングショー」で“朝の顔”を務める宇賀なつみアナ(32)も今年3月いっぱいで退社するとあって、人気アナを一気に失う。

 「宇賀アナにも小川アナにも相当慰留しましたが、引き留めることができませんでした。その揚げ句に『報道ステーション』のライバル番組に引き抜かれたとなったら目も当てられません。こちらもかなり神経質になっています」と先の放送関係者。

 春を前に、女子アナ戦線は過熱している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ