宝塚ファン歴30年の記者も感涙「ベルばら45」

 ファンなら、はってでも行かねばならぬ舞台「ベルサイユのばら45~45年の軌跡、そして未来へ~」の東京公演にかけつけた。今年はブームを巻き起こした宝塚歌劇団の「ベルばら」初演(昭和49年)から45周年。同舞台は、その記念公演なのだ。「ベルばら」を演じた歴代トップスターたちが“束になって”オスカル、アンドレを演じる大興奮の舞台のようすを、ファン歴30年の記者がリポートする。

■毎日通いたい

 ミラーボールが回り、舞台いっぱいに広がる「ベルサイユのばら」の美麗文字の前で小公子と小公女が「ごらんなさい」と歌い出す。「ベルばら」本編の開幕そのままでスタート。観客の心は、18世紀フランスへひとっ飛びだ。

 まず初演(49~51年)キャストが「ソング&トーク」と題し、歌と思い出話を披露。日替わりで元トップたちが出演する。記者の観劇日は、初風諄(はつかぜ・じゅん)、汀夏子(みぎわ・なつこ)、榛名由梨(はるな・ゆり)が、それぞれ劇中歌「青きドナウの岸辺」「ばらベルサイユ」「白ばらの人」を歌った。

 「ベルばら」の様式美を構築したレジェンドたちだ。衣装を身に着けてはいないが、役になりきり、その存在感は圧倒的だ。初代マリー・アントワネット役の初風の朗々としたソプラノは健在。オスカルだった2人も麗しのパンツ姿だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ