福山雅治 ひとり出入りするヴィンテージマンションの真実

 「自分なりの駆け抜け方を見つけていく50代になりそうです」。福山雅治(50才)は2月2日、自身がパーソナリティーを務める『福山雅治 福のラジオ』(TOKYO FM)で、50代に突入する心境をそう語った。

 19才でのデビューから30年、第一線で活躍し続ける福山。50才の誕生日となった2月6日には、昨年36万人を動員したライブツアーでの弾き語り楽曲を収録したアルバム『DOUBLE ENCORE』をリリースし、話題になっている。

 「その福山さんが、最近、あるマンションによく出入りしているという話を聞きます。新居に引っ越したんでしょうか…」(芸能関係者)

 そこは都内一等地に建つ、築50年ほどのヴィンテージマンション。共用庭はまるで公園のような広さで、どこか外国のような雰囲気を醸し出しているが、福山ほどの“スター”の新居にしては、意外なチョイスのような気も。

 「福山さんはよく見かけますが、奥さんの吹石一恵さん(36才)とお子さんの姿を見かけたことはありません」(近隣住人)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ