安藤サクラが涙、柄本佑と夫婦で主演賞

 女優、安藤サクラ(32)と俳優、柄本佑(32)夫妻が10日、東京・文京シビックホールで行われた「2018年 第92回キネマ旬報ベスト・テン」表彰式に出席した。

 安藤は日本映画ベスト・テン第1位に輝いた映画「万引き家族」で主演女優賞、柄本は同第3位に入った映画「きみの鳥はうたえる」など3作品で主演男優賞を受賞。夫婦仲良く主演賞を獲得した安藤と柄本はステージ上で隣同士に座り、にこやかに談笑した。

 先に表彰状とトロフィーを受け取った安藤は、「どうしよう…。すいません。緊張していて」と涙声に。続けて登場した柄本は、受賞の知らせを焼き鳥店で聞いたことを明かし「実感はありませんが、目の前のセリフに立ち向かっていくしかない」と役者魂を燃やした。

 司会のフジテレビ、笠井信輔アナウンサー(55)が夫婦ツーショットを促すと、安藤は涙を流しながら「こんなお祭り騒ぎ、一生ないからいいよね」と柄本の背中をポンポンたたいて笑いを誘った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ