宝塚歌劇団星組トップ、紅ゆずる退団会見

 10月13日付での退団を発表した宝塚歌劇団の星組トップ、紅(くれない)ゆずるが6日、大阪市内で会見。紅は「最後のときまで持ちうる力を出し切り、仲間にも思いを伝えていきたい」とキッパリ。まるで紅の見せる舞台のように、笑いと涙が入り交じった情感あふれる会見となった。

 全身、真っ白いパンツスーツに身を包んだ紅は「退団者は白色の洋服を着る、と言いますが、純粋な気持ちで皆さんにお伝えしたくて」とほほ笑んだ。

 退団を意識したのは、なんと平成28年のお披露目公演が終わってすぐ。よく退団を決意すると「“鐘”が鳴る」といわれるが、「私は宝塚が大好きなので、一生鳴らないんじゃないかと思って、大劇場5作。そこまで力を出し切ろうと決めました」。

 なぜ5作か、という問いに、「私のインスピレーションです。6回だと中途半端。4回だと少ないかなと。今思いつきましたが、『紅(くれない)5』ですし」。星組の仲間たちと5人で自主的に組んだユニット名をあげてほほ笑んだ。

 相手役の綺咲愛里(きさき・あいり)に退団の意を告げたのは、宝塚大劇場で「アナザー・ワールド」「キラー・ルージュ」の公演期間半ば。綺咲には「あなた(の進退)はあなたの人生だから、自分で決めなさい」と言った。が、綺咲はその場ですぐ「絶対に紅さんと一緒に卒業します」と言った。

 「本当に、一点の曇りもなく言ってくれて。本当に幸せで、ありがたい。すてきな相手役を持ったなと思いました」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ