吉田羊、プラハで“人生の春”見つけた!?国際結婚に「興味あります」

 女優、吉田羊(年齢非公表)がナビゲーターを務める2月3日放送の日本テレビ系ドキュメンタリー特番「吉田羊、プラハ・ウィーンへ ヨーロッパに嫁いだ なでしこ物語」(後3・0)の取材会をこのほど東京都内で行った。

 昨年いっぱいで前所属事務所との契約が終了し、独立後、ドキュメンタリー番組に初出演する。

 同特番は、約120年前に欧州に嫁ぎ、女手一つで7人の子供を育て上げたクーデンホーフ光子の生涯を特集。吉田は昨年11~12月の10日間、チェコ・プラハとオーストリア・ウィーンを初訪問。日本人として初めて西洋人貴族(オーストリア人)と結婚し、EUの礎を築いたリヒャルト・クーデンホーフ・カレルギー伯爵の妻となった光子の足跡を追った。

 現地ロケを振り返り、「街並みが映画のセットみたい。彼女がこの景色をどう見ていたのか、思いをはせていました。見知らぬ地で妻と母をまっとうしたことが彼女の魅力」と“なでしこの先輩”に敬意を表した。

 ウィーン社交界で注目を浴びるなどわが道を開拓した光子同様、独立した吉田も今年“新たな旅”をスタートさせたが、自身との共通点について「ない!」とお茶目に即答。今年の目標には語学勉強を挙げ、「英語の勉強は何度も挫折してきたけど、昨年にプライベート旅行したフランスの言葉も学びたい」と貪欲。国際結婚については「異文化に触れると視野が広がるので興味はある」とほほえんだ。

 演技派美人女優の2019年の抱負は、公私ともに国際派を目指す!?

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ