国分太一、嵐の気持ち「分かる」 畑を耕しているときに二宮から報告

 国民的グループ、嵐の活動休止発表から一夜明けた28日、民放各局では朝の情報番組で特集を組み、前日27日に行われた会見の様子を伝えた。ジャニーズ事務所の先輩であるTOKIOの国分太一(44)は、司会を務めるTBS系「ビビット」(月~金曜前8・0)で瞳を潤ませながら5人の決断を尊重。「複雑な気持ちになったが、あの会見は嵐らしさがすごく出ていた」と笑顔を見せていた5人をたたえた。

 嵐を見守ってきた国分が、後輩たちの決断に理解を示した。

 「立ち止まりたいという大野(智)の気持ち、4人の何とかならないかと思った気持ち、全て分かるような気がして複雑な気持ちになった」

 冒頭、嵐の活動休止について自ら切り出すと、率直な思いを吐露。続けて「すごく驚いたというのは正直なかった」と冷静に話した。

 休止を知ったのは、発表4時間前の27日午後1時ごろ。「プライベートで畑を耕しているとき」に二宮和也(35)から連絡があった。「飯の誘いかと思ってかけ直したら、発表させてもらうということだった」と振り返った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ