嵐の活動休止「被災者に元気くれた。寂しい」 福島知事

 人気アイドルグループ「嵐」が来年末をもって活動を休止すると発表したことについて、福島県の内堀雅雄知事は28日、定例会見の中で「これまで被災地でのイベントなどで多くの被災者に元気を与えてくれた。本当に驚いている」と述べた。嵐は東日本大震災後、県内で復興を支援するイベントを開催するなどしてきた。

 内堀知事は、昨年のNHK紅白歌合戦の事前収録でメンバー5人が同県飯舘村を訪れ、住民と交流したことを「うれしく感じたことを覚えている」とした上で、「さびしい部分はあるが、機会があれば、また福島にお越しいただきたい」と語った。

 嵐は東日本大震災が起きた平成23年から毎年、東京や大阪などで復興支援のチャリティーイベントを開催し、被災地に収益を寄付してきた。福島県内でも24年7月にイベントを行っている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ