嵐活動休止、民放各局が一斉に特集 国分太一さん「気持ち分かる」

 人気アイドルグループ「嵐」の来年末でのグループ活動の休止記者会見から一夜明けた28日、テレビ局関係者らは対応に追われた。民放各局は同日朝の情報番組で一斉に特集を組み、嵐の活動休止について伝えた。

 同じジャニーズ事務所のTOKIOのメンバー、国分太一さんがメインMCを務めるMBS系「ビビット」では、嵐の記者会見の様子などを約1時間にわたって詳細に解説。国分さんは「リーダーの大野(智さん)の気持ちも分かるし、4人の何とかならないかという気持ちも分かる。昨日の会見では笑顔が出ていた。(5人は)2020年まで活動するとした上で、最後まで笑っていようと決めた。(会見では)笑顔でこれからも走っていくと思っていたんじゃないか。嵐らしさが出ていた」。

 カンテレ系「とくダネ!」ではメインMCの小倉智昭さんが「メンバーは本当にうまくいっていて、絆がある。やっぱり嵐はいいグループ。しかし、長くやっていると、だれかがいつかは(離れることを)言い出すでしょう。でも、5人でないと嵐ではないということだと思う」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ